baskenote

NEWS

“BASKET COUNT”掲載~ケガ予防のためのQ&A vol.15~

2022.01.22

BASKET COUNTに 「ケガ予防のQ&A」というテーマ で、新潟県バスケットボール協会スポーツ医科学委員会、近良明委員長の記事が連載されています。
vol.15は「突き指をした数カ月後に、関節の形や向きが変わった」というテーマで掲載されています。
「突き指」は、バスケットボールの練習や試合中によく起こるケガの一つで、軽視されがちですが、対応を誤ると後々大変なことが起こる場合もあります。
ぜひご一読ください。
(下記をクリックしていただくと、掲載ページに移動します。)

バスケットボール選手が知っておきたいケガ予防のQ&Avol.15「突き指をした数カ月後に、関節の形や向きが変わった」 – バスケット・カウント | Basket Count (basket-count.com)




このページのトップへ